知らぬ間に感染しているクラミジア

ovaries isolated with white background

クラミジア感染症に詳しい性感染症学会所属の医師が作成しているサイトです。
クラミジア感染症は大変多くなっています。

理由の一つは クラミジア感染症 はほとんど症状が出ない という事実があります。 特に女性は実質ほとんど症状がありません。 男性でもかなりすくないようです。 女性では80%以上が症状がない・・・ようです。

男性も症状があってもかなり、軽いようですね・・・だから恥ずかしい泌尿器などにはいかない・・・のだと思います。症状がなくても炎症はだまって進行している場合が多いのです。

問題なのは女性です。・・・クラミジア感染症が進行すると卵管に炎症が起こるため、細い管が正常ではなくなって細く、狭くなり・・・卵管妊娠の発生頻度が明らかに多くなっていると予想されることが極めて重要です

本来、性感染症の専門家にみてもらうのが一番です。
しかし、専門家にいけない・・・行くわけにいかない・・・など色々な事情がある場合もありますね・・・いろいろ患者さんを診てきて・・・この状況では確かに病院にいくのは? どうしょう?・・・という状況があり得る事は経験しています。
はっきり言う訳にはいきません・・・という場合があります。

何度もあるのですが、付き合っている異性がいる(つまりこの感染症をうつしたのは自分かもしれない) 婚約している異性がいる(この病気はどちらが持っていたの?) もうすぐ結婚式です・・・など原因を追究するとものすごく複雑な内容になる・・・場合を実際に経験してきました。

女性が入院して現実を認識して母親は理解してくれたけど、父親がどうしても娘の病気を認めることができない・・・という場面もありました。

ともかくこの病気はかなり複雑な状況設定を作りだします。 現場の方も大変だと思いますが、その対応をする医師もよく知っているとかなり悩んでしまう事が結構あります。 実際にはよく知っている医師はかなり少ないです。

そのような場合、とりあえず検査をしてみる・・・というのは選択枝になりえます。

ある程度正確です。 でもある程度です。 完全ではありませんので・・・その点は自己責任となりますのでよくご理解下さい。


 このサイトなどで提供している検査を使用するのはある程度有効です。

このサイトへ行き、クラミジア・淋菌のセットが女性の場合必須だと思います。 女性の場合は喉 のセットが必要です。 とくに口腔性交をしている場合は・・・

でも本当は詳しい医師にキチンと診断してもらいキチンと治療してもらうのが本当は一番です。

陰部の問題だけなら婦人科、泌尿器科です。

ただし、肝周囲炎になると婦人科、泌尿器科の医師ではよくわからない場合も出てきます。 お腹、特にかなり上の方になると婦人科、泌尿器科ともに普通は診察するところではないからです。

クラミジア感染症はかなり特殊で陰部だけの問題ではなく腹腔に侵入して肝周囲炎を引き起こす事があります。 この病気は消化器を専門にしていても経験していない(正確には経験していても事実を理解できていない場合が多いのですが・・・)医師もいるくらいです。

担当医師はクラミジア感染症に関しては肝周囲炎を含めて相当に詳しい方になると思います。

肝周囲炎が関与するととてもわかりにくい状況なので泌尿器・婦人科の医師には分かりにく病態です。自分の方がよくわかる場合もあります。

ただし、クラミジア感染症、関連して淋菌はみれますが、その他の病気になると性感染症専門医、皮膚科の医師の方が良いです。 自分の場合は梅毒、コンジローム、HIVなどに関しては ちょっと無理です。

当院は古いです。 プライバシーに関して十分な対応が出来かねます。
お話(病歴といいます)を看護師さんが初めに聞いてから自分が診察する事になっていますので・・・

他人が聞いている状態ではお話しにく場合はこのサイトをプリントして

先生と直接お話したいです・・・と言って下さい。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

きとうクリニック
院長 木藤洋一
北九州市戸畑区浅生3-11-11
電話 093-871-3354

 

 

Beautiful young woman relaxing in the room

コメントは受け付けていません。