認知症とは?

認知症とは、脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったためにいろいろな問題が起こり、日常生活に支障が出ている状態(およそ6ヵ月以上継続)を言います。
原因でもっとも多いのは、「変性疾患」と呼ばれる病気です。

アルツハイマー病、前頭・側頭型認知症、レビー小体病などが「変性疾患」に該当します。

その次に多いのが、脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などのために、起こった脳血管性認知症です。

———————————-

日本ではかつては痴呆(ちほう)と呼ばれていた概念ですが、2004年に「痴呆」の語が廃止され「認知症」に変更になりました。

「認知症」の本来の意味としては
「知能が後天的に低下した状態」の事を意味しますが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知の障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義されています。

基本的には老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は除外されます。
つまり認知症は病的に能力が低下するもののみをさすのですが、境目ははっきりしない場合が多いです。

統合失調症などによる明かな精神疾患による判断力の低下は、認知症には含まれない事も重要です。 ですので初めに精神疾患、脳内病変、その他の除外をする必要があるのです。

また、頭部の外傷により知能が低下した場合などは高次脳機能障害と呼ばれるものでやはり別物という事になります。

——————————–

コメントは受け付けていません。