知らぬ間に感染しているクラミジア

ovaries isolated with white background

クラミジア感染症に詳しい性感染症学会所属の医師が作成しているサイトです。

クラミジア感染症は大変多くなっています。

理由の一つは クラミジア感染症 はほとんど症状が出ない という事実があります。 特に女性は実質ほとんど症状がありません。 男性でもかなりすくないようです。 女性では80%以上が症状がない・・・ようです。

男性も症状があってもかなり、軽いようですね・・・だから恥ずかしい泌尿器などにはいかない・・・のだと思います。

症状がなくても炎症はだまって進行している場合が多いのです。

一番問題なのは・・・卵管が正常ではなくなって・・・卵管妊娠の発生頻度が朗かに多くなっていることが極めて重要です。

本来、性感染症の専門家にみてもらうのが一番です。
しかし、専門家にいけない・・・行くわけにいかない・・・など色々な事情がある場合もありますね・・・いろいろ患者さんを診てきて・・・この状況では確かに病院にいくのは? どうしょう?・・・という状況があり得る事は経験しています。
はっきり言う訳にはいきません・・・という場合があります。

そのような場合、とりあえず検査をしてみる・・・というのは選択枝になりえます。

ある程度正確です。 でもある程度です。 完全ではありませんので・・・その点は自己責任となりますのでよくご理解下さい。


 このサイトなどで提供している検査を使用するのはある程度有効です。

このサイトへ行き、クラミジア・淋菌のセットが女性の場合必須だと思います。 女性の場合は喉 のセットが必要です。 とくに口腔性交をしている場合は・・・

担当医師はクラミジア感染症に関しては肝周囲炎を含めて相当に詳しい方になると思います。

クラミジア感染症はかなり特殊で陰部だけの問題ではなく腹腔に侵入して肝周囲炎を引き起こす事があります。 この病気は消化器を専門にしていても経験していない(正確には経験していても事実を理解できていない場合が多いのですが・・・)医師もいるくらいです。

とてもわかりにくい状況なので泌尿器・婦人科の医師には分かりにく病態です。

ただし、クラミジア感染症、関連して淋菌はみれますが、その他の病気になると性感染症専門医、皮膚科の医師の方が良いです。 自分の場合は梅毒、コンジローム、HIVなどに関しては ちょっと無理です。

 

 

Beautiful young woman relaxing in the room

コメントは受け付けていません。